ブログ論

ブログってポジティブじゃないとお金儲からない話

投稿日:2018年3月25日 更新日:

こんにちは、プロブロガーを目指しているアキラです。

タイトルは私のオリジナルではなく、人からの受け売りです。

とあるブログ記事で見つけた知見なのですが、正直感動してしまったので、今回ご紹介します。

私を感動させた人

この人の言葉です。

ツイートでも言ってますが、中川さんが書いて、私が感動したというのが、次の記事。

ネガティブな感情は金にならない

記事の内容を簡単に要約させてもらうと、

【出来事】ブログの過去記事にアフィリエイトを差し込んで、成果が出るか検証した。

【結果】成果が出る記事と出ない記事には、「ネガティブなこと書いてるか」「ポジティブなこと書いてるか」という違いがあった。

【原因分析】アフィリエイトは、商品購入や会員登録等、読者に能動的なアクションを起こさせることによって報酬が発生するシステム。そうである以上、ネガティブな記事書いてても、読者に能動的な行動を起こさせる気にさせない

つまり、一言で言ってしまえば、

ってことが書かれた記事です。

短い記事なんで、詳しくは、是非中川さんのブログを読んでください。

頭をガーンと打たれた

当たり前じゃん、どこに感動する要素があるのと言われそうですが、私はいたく感動しました。

ネットって、やたらポジティブ志向の記事が多いのが不思議だったのですが、その原因の一つは、お金稼ぎなのかな~とも思いました。

ネガティブな感情を抱きしめて

記事を読めばわかりますが、中川さんは、決してポジティブ至上主義者ではありません。

ネガティブな感情自体は、誰だって持つことがある感情です。

そしてそういうことをブログに書くことが悪いわけでもないです。

人生という壮大な物語のなかでは、そういう感情があるからこそさらに前を向こうと思えることだってあるでしょう。

ただ、そのことをブログにのっけても金銭的なリターンはあまり期待できないかもねってだけの話です。

さらりとした文章で、ネガティブのメリットにもしっかりと触れています。

凄くないですか?この人。

凄さの分析

凄いと思っているの私だけでしょうか?
私の言葉足らずかも知れません。

この感動を伝えたいんで、もう少し説明させてください。

記事を読んで、私がどこが凄いと思ったかというと、

・実際、過去記事にアフィリエイトを差し込むという行動を起こしてる。

脳内妄想記事ではなりません。

記事自体は短いですが、行動の上に成り立った意見を主張しているので、読んでいて、安心感と説得力があります。

・検証結果、ポジとネガという本質的な差異に気付けている。

記事を、ポジティブとネガティブに分けるって発想は、なかなかできないと思う。抽象化能力が高い。

・その答えに対して、「ま、当たり前だわな」という自己ツッコミできる冷静さ。

自分を俯瞰できる人には、頭の良さを感じます。

・巷にありがちな「ポジティブ万能」ではない。

ネガも「誰だって持つ感情」とし、「そういう感情があるからこそさらに前を向こうと思えることだってある」と、ネガの効用にも配慮している。

バランス感覚を示しつつ、ありがちなポジティブ万能論との違いを作ることで、記事が独自性を獲得している。

・「ネガティブな感情は金にならない」というタイトルが秀逸

「ネガティブな感情」「金」という多くの人が興味の沸きそうな話題をタイトルに端的に取り入れてる。

かつ、一見直結しない「ネガティブ」と「金」をつなげることで、見た人が「なになに?」思わずクリックしたくなるタイトルになっている。

・金の話にもかかわらず、記事に下衆感を感じさせない。

「人生という壮大な物語」から、ネガティブな感情を俯瞰するなど、お金の話から入りつつも、人生哲学への話と流しています。

お金の話という、いわばハードルの低い、下衆な話題から始めるも、話を意外な結論へ導くことで、読者(わたしのこと)を感動させる。

・記事のラストは「とくに落ちは無い。」で、さらりとまとめる。

この一言によって、記事の読後感がものすごく良くなっています。

最後を「とくに落ちは無い。」で締めるやり方、カッコよすぎるので、わたしはパクろうと思いました。

・以上の内容を、短く、かつ、分かりやすく伝えている。

記事が短いので、読者の貴重な時間を奪わない。情報コスパがよい。

・記事内にさり気なく、Twitterや「本のアフィリエイト」を差し込むという、プロブロガーテクニックを駆使してる。

ブロガーの視点からいうと、イケダハヤトさんとかもよくやってるテクニックです。なんか記事がカッコよく見えますね。

結論:中川さんは凄い

以上、私はめっちゃ勉強になった記事なので、今回紹介させてもらいました。

正直中川さんのことは、この記事を読む以前にも、ブログをブックマークするぐらいファンだったのですが、この記事を読んだらますますファンになっちゃいましたね。

中川さんは、Twitter等でお顔を拝見すると、確実にわたしより年下なのですが、めちゃくちゃ頭いいですね。

世の中凄い人がいるもんですね。

凄すぎて凹む

記事の終りの方に何ですが、少し嫌な話もさせてもらうと、感動するとともに、凄いブログを書く人(中川さん)と、ブロガーを目指し始めたちっぽけな人(わたし)との間に、すごい長い距離を感じて、へこんじゃいましたね。

頭の良さだけでなく、中川さんイケメンだし(ブサイクなら良かったのに…)
しかも、年下みたいだし。

自分と比較すると、男として勝てる要素をひとつも見つけられません…

ってネガティブなことを書いちゃった…

ブログでお金を稼ぐプロブロガーへの道は厳しいみたいです。

とくに落ちは無いです。

-ブログ論

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2019 All Rights Reserved.