ブログ論

ブロガーあるある 1記事が長くなってしまって、いつまでも記事をアップできない病

投稿日:2018年3月26日 更新日:

こんにちは。プロブロガーを目指しているアキラです。

今回の記事では、初心者ブロガーは、記事を量産するため、強制的に一記事の分量を短くすべきだ、ということについてお話しします。

記事アップできないよね~

記事を書く気はあるんです。
だって、私はブロガーになりたいから。

その証拠に、私は、この2、3年間、いつも寝起きの頭の冴えてる時間を、毎日1時間から3時間をブログを書くのにあてる生活を続けてきました。

ねっ、やる気はあるでしょ?

でも、そんなに時間を費やして、実際アップしてる記事は10記事以下。

やる気はあるのに、記事をアップできない。

どういうこと~。

なぜアップできないのか

なんでかなって、2、3年経過してようやく自分の失敗を振り返った時、

(無意識にある本音は、私は本当はブログで成功したいと思っていないとか、ユング的な深層心理の話は、検証不能なので、横に置いておくとして)

テクニカルな原因として、短い記事を書けないから失敗しているな、って思いました。

短い記事を書けない理由

短い記事を書けない理由を箇条書きすると、

・自分の力量を分かっていない。長い記事も、自分は書ききれると、うぬぼれている。
・逆に、記事を短くまとめる能力の不足。
・読者のニーズを分かっていない。自分のような、どこの馬の骨かもわからない人の長い記事も読んでくれるという甘い見通し。

私は、記事を書くこと自体になれてないせいか、一つの記事の中に、自分の「思い」や、調べたことを、すべて盛り込みたくなっちゃうんですよね。

自分の力量を分かっていないですし、読者のニーズも分かっていません。

記事との距離感がつかめていない感

そうすると、必然的に、一つの記事の分量が長くなり、費やす時間は多くなってしまいます。

時間をかければかけるほど、一つの記事へのこだわりが生まれます。

これだけ時間をかけたのだからと、適当な記事にはしたくないので、ますます完璧な記事に仕上げたい欲求(義務感?)が出てきます。

記事の完成形のハードルは、当初と比べどんどん上がっていきます。

そのため中途半端なものではダメとなって、アップできすにいるのだ、というのが私の失敗分析です。

記事が長いデメリット

記事が長ければ、長い分、記事をアップしづらくなるというだけでなく、読者は読みづらくなるので、ブロガー視点でも、読者視点でも、記事が長くて、基本良いことはありません。

長い記事を書ける人は良い

イケダハヤトさんとか、長い記事でも書ける人は良いんですよ。

でも、自分はそうじゃないから困ってるわけです。

記事を短くするためには、どうすればいいのか

記事を短くする方法として、3つほどアイディアが浮かびました。

●強制的に字数を制限する

どこかのネットニュースで読んだのですが、ネットニュースの基本は1000字で、最大が一万字らしいです。

字数制限は、記事を短くする一番直接的な方法に思えますが、わたしは、この方法はお勧めしません。

字数だと、強制力が弱いですし、その1000字にすらこだわろうと思えばこだわれるからです。

こだわってるって、一見「頑張ってる」よう見えますけど、「頑張ってる」って自分が変わらないときの、言い訳にもなるから厄介ですよね。

記事をアップできないというダメな結果がある以上、頑張っていようがいまいが、変わる必要があるのに。

●一記事一テーマにする

一テーマというのが抽象的で計測が難しく、強制力が弱いので、この方法もおススメしません。

●時間制限

私のおすすめはこれ。
一日一記事とか、一週間に一記事以上必ずアップするという自分のルールを作ることです。

字数制限や一記事一テーマより、時間制限の方が記事を短くするのに有効な気がします。

時間を制限すれば必然的に、字数の制限にもなりますし、テーマも絞らざるを得ません。

【時間】と【結果】で生産性を上げる

時間(例、一日)と結果(例、一記事)で制限を設ける方法は、記事を短くする場合だけでなく、生産性を挙げる方法論として、汎用性があると思います。

どこかのブログ記事で読んだことなのですが、人が変わる方法は3つしかないそうです。

それは①環境を変える、②友達を変える、③時間配分を変える、たしかそうだったと記憶しているのですが、時間制限は、③時間配分を変えるに該当します。

結論

わたしは、これから一日一記事アップすることにしました。

ちなみにこの記事は、タイプしてから3時間弱で書ききったので、ちゃんと一日一記事アップのルールを守ることができました(記事の着想は、前日です)。

プロブロガーのイケダハヤトさんは一記事15分で書けるとおっしゃっているので、その12倍、時間がかかっていますが、第一歩目としては、まあまあでしょう。

ブログを初めて3年ぐらい、ほとんど記事をアップできなかったことと比べたら、自分の中で大きな進歩です。

結果的に、字数も2000字程度でおさまり、短く書くことにも成功しました。

-ブログ論

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2019 All Rights Reserved.