ネットのコツ

【初心者用】https化は、この記事を見れば1時間で出来る

投稿日:2018年11月28日 更新日:

このたびブログを、 http から https に切り替えました~。

めんどくさそうなので今までずっと先延ばししていたのですが、ついにやりました!

アドレスに、鍵マークが付いて嬉しい。

おすすめ記事2つ

ググれば、https への移行を解説した記事はたくさん見つかります。

初心者の方は、どの記事を見ればいいのかわからないでしょう。

いくつか記事を見た結果、以下の2つの記事が、初心者にもわかりやすいですね。

2018年11月現在、この2つの記事を見比べながら作業すれば、初心者の方も、問題なく https に移行できますよ!

上記の2つの記事は、エックスサーバーの利用を前提としていますが、それ以外のサーバーを利用している人にも十分役立ちます。

https 化にかかる時間

気になるのは、 https への移行に要する時間です。

ネット習熟度によるでしょうが、初心者のわたしの場合、上記した2つの記事を参照しながら、https への移行を完了するまでに要した時間は、

3時間

です。

3時間には、グーグルアナリティクスへの再登録なども含めています。

3時間、180分、1万800秒。

「休日の午後」に出来てしまう半日仕事ですが、食事前に気軽にやれる時間でもありません。

作業時間については、前渇した記事では、「1時間もあれば終わる」と書いてるので、それよりも2時間ほど、作業時間をオーバーしてしまいました。

1時間で終わらせるために

で、タイトルにあるように

「初心者でも、どうすれば1時間で https に移行できるか」

ですが、他サイトの記事には書かれていない、わたしが経験した

  • 初心者が気をつけるべき注意点
  • 初心者が迷う点

を書きますので、これを読んでから作業すれば、初心者の人でも、1時間で完了出来ます。

https 化で初心者が注意すべき点

https への移行に伴う【初心者が注意すべき点】や【コツ】は、以下になります。

  • 「https://~」が表示されてるかの確認方法
  • Amazonアソシエイトは、画像リンクだけ「https」に修正する必要あり テキストリンクは「http」のままでも良い
  • .htaccessファイルへの、リダイレクト用コードの追記は、サーバーパネルから直接編集すれば十分
  • HTTPからHTTPSへリダイレクト用のコードはどれか
  • クロームのデベロッパーはこうやって起動させる
  • サイトマップの送信
  • アナリティクスの登録、サーチコンソールの登録

順番に説明していきます。

「https://~」が表示されてるかの確認方法

いきなりですが、時間短縮のための、最重要ポイントです。

初心者は、ここだけ注意すれば、1時間は作業時間を短縮できるはず(実体験)。

https 化するには、まず、サーバーで SSL 設定( SSL の追加)をします。

そして、SSL の追加設定をしても、「https://あなたのブログのアドレス」はすぐには表示されません。「https://~」が表示されるまで、ある程度時間がかかり、そのあいだは、次の作業に移れません。

この待機時間を短縮するコツがあります。

イキナリここだけ読むと意味不明かもですが、実際に作業しながら、この記事を読むと意味がわかります。

注意してほしいのは、「https://~」が表示されたかを確認する方法です。

「https://~」を確認して、以下の表示が出たら、

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

  • ブラウザのキャッシュを消すか、
  • いま利用しているブラウザ以外のブラウザで、

「https://~」を確認してみてください。

たとえば、クロームで作業をしている場合、

  • 拡張機能の「Clear Cache」などを利用して、クロームのキャッシュを消すか、
  • 別のブラウザのファイアフォックスなどで「https://~」を確認します。

すると、すでに「https://~」が、正常に表示されている場合があります。

「https://~」が、正常に表示されていれば、すぐに次の作業に移れます。

わたしの感覚だと、サーバーで SSL 設定した15分後ぐらいには、もう「https://~」が正常に表示されてる感じです。

他のブラウザで確認すれば、「https://~」は、もうちゃんと表示されてるじゃん!次の作業に移れるじゃん!と気づくまで、1時間ぐらい時間を浪費してしまいました。

サーバーで SSL 設定をしたら、キャッシュを消すか、他のブラウザで、「https://~」が正常に表示されるかを確認しましょう。

時間短縮には、これが一番大切!

Amazonアソシエイトは、画像リンクだけ「https」に修正する必要あり テキストリンクは「http」のままで大丈夫

https 化したら、リンクも「 https 」に修正する必要があります。

たとえば、ご自身のブログで、今まで作成した記事中には、おそらく

  • 過去記事へリンクを貼ったり
  • アマゾンから画像を読み込んだり(=Amazonアソシエイトの利用)

してる思います。

そのリンクのURLを、「 http 」から、「 https 」に修正する必要があります。

くわしい説明は、前掲した2記事を参考にしてください。

初心者がわからないのは、

どこまでURLを「 https 」に修正する必要があるのか?

です。

「 http 」というリンクを、すべて「 https 」に変更しなければいけないかというと、そんなことありません。

まとめると以下になります。

内部テキストリンク https に変更する必要あり
内部画像リンク https に変更する必要あり
外部テキストリンク https に変更する必要なし
外部画像リンク https に変更する必要あり

外部テキストへのリンクは「 https 」に変更しなくてOKです(気になる人は変更してもOK。変更してもしなくても、どっちでも良い)。

変える必要がないソースは、以下2つの記事。

もし外部サイトから画像などを読み込んでいるなら、それもすべて HTTPS に変更する必要があります。

(※テキストリンクはそのまま使えます)。

引用:エックスサーバー独自SSLが無料!WordPressサイトをHTTPS化する方法

SSLの鍵マークを出したい場合は、<img src=>部分の修正のみで問題ないですが、aリンク部分(※アキラ注 テキストリンクのこと)もSSLにしておきたい場合は、

(変換前)
http://www.amazon.co.jp/

(変換後)
https://www.amazon.co.jp/

で変換をかけると良いでしょう。

引用:【SSL化】Amazon(amazlet it!)の画像リンクは、Search Regexで簡単に一括変換できます

大手サイトの「外部テキストリンク」「 http 」 or 「https 」?

念のため、有名サイトの「外部テキストリンク」はどうなっているのか、確認しました。

今回調査したのは、月1000万PV以上の莫大なアクセスを集めている「大手まとめサイト」です。

「外部テキストリンク」の一例として、「Amazonアソシエイト」リンクを調べました。

大手まとめサイトに貼られている「Amazonアソシエイト」のリンクを調べたところ、

  • 画像リンクは、「 https 」になっている
  • 一方、テキストリンクは、「 http 」のまま

というケースが多かったです。

このことからも、

Amazonアソシエイトは、

  • 画像リンクだけ「 https 」に修正する必要あり。
  • テキストリンクは「 http 」のままでも大丈夫。

ということがわかります。

この点、気になったのですが、他サイトの記事では、おそらく基本事項すぎて書かれていなかったので、ここに明記しておきました。

※補足:代表的Amazonアソシエイト作成ツールと「 https 」

  • アマズレット:画像○(https) テキスト×(http)
  • カエレバ:画像○ テキスト○

「アマズレット」でアマゾンアフィリエイトを作成すると、画像リンクのみが「 https 」で、テキストリンクは「 http 」になります。

「カエレバ」では、画像リンクとテキストリンクの両方が「 https 」です。

画像リンクさえ「 https 」ならば問題ありません。

なので、ブログを「 https 」化した後も、「アマズレット」と「カエレバ」は、両方とも問題なく使えるということです。

リンクの修正は3分で終わった

https 化を説明した他サイト記事を読むと、リンクの修正について、なんだか面倒くさいことが書いてたりしますが、心配ご無用。

ブログをガンガン弄っていない初心者のブログであれば、https 化に伴うリンクの修正は、「Search Regex」というプラグインを利用するだけで、あっという間に終わります。

このブログには100記事以上ストックがありますけど、リンクの修正は、「Search Regex」を利用して、3分もかからず終了できました。

.htaccessファイルへのリダイレクト用コードの追記は、サーバーパネルから直接編集で十分

.htaccessファイルに、リダイレクト用のコードを追記する方法について。

一番確実な方法は、まずバックアップを取って、そのうえで「TeraPad」といったテキストエディタを使って編集するやり方です。この方法を、おすすめしている記事もあります。

ですが、初心者にその方法はおすすめしません。

なぜなら、

  • 初心者には、「バックアップを取って、テキストディタで~」という方法は難易度が高い。
  • リダイレクト用コードを追記するだけなので、間違った作業をして、ブログを壊してしまう可能性は低い。

からです。

今回は、サーバーパネルから直接編集することで、リダイレクト用コードの追記する方法で十分だと思います。この方法が一番簡単です。

わたしはサーバーパネルから直接編集しましたが、とくに問題は起きませんでした。

httpからhttpsへ リダイレクト用のコードはどれ?

https 化を解説している他サイトの記事をいくつか読むと、リダイレクト用のコードが微妙に異なっている(ように、初心者には見える)ので、どのコードをコピペすればいいのか迷うかも。

わたしは以下のコードを追記したら、問題なく動作しました。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

このコードを弄ることで、ブログのURLで「wwwあり、なし」を選択できるようですが、特に気にしないのであれば、上記のコードで大丈夫です。

クロームのデベロッパーはこうやって起動させる

最終的に https 化を完了できたかは、ブラウザ「クローム」のデベロッパーツールを起動させて確認します。

デベロッパーツールの起動のさせ方を説明します。

  • 「https://~」を表示させる
  • 右クリック
  • 「検証」
  • 「Security」タブ

まず、クロームで、新しく「https://~」にした自分のブログを表示させます。

次に、表示させたブログ上で、場所はどこでも構わないので、右クリックを押します。

右クリックを押したらポップが出ますので、その中で「検証」を選択(おそらく一番下に「検証」はある)。

すると、画面下から(場合によっては右から)ズズッと、デベロッパーツールが出てきます。

タブの「Security」をクリックすると、https 化を完了できたかチェックできます。

サイトマップの送信

サイトマップには2種類あります。

  • sitemap.html
  • sitemap.xml

サーチコンソールで送信するのは「 sitemap.xml 」のほうです。
「 ht 」ではなく、「 x 」のほう。

似ているので間違えないでね。

よくわかっていないまま「 .html 」を送信したら、「間違ってますよ~」とサーチコンソールから言われ、あわてて「 .xml 」を送信したらOKとなりました。

アナリティクスの登録 サーチコンソールの登録

「アナリティクス」と「サーチコンソール」を利用している人は、https 化したサイトを登録し直す必要があります。

その際、ちょっとしたコツと言いますか、両者の違いを知っていれば、スムーズに作業できます。

  • 「アナリテイクス」の関連付けは、旧サイト(http://~)の登録を削除したうえで、新サイト(https://~)を登録する。
  • 「サーチコンソール」は、旧サイトはそのまま残して、新サイトを追加登録する。

「アナリテイクス」は、旧サイト(http://~)への関連付けを削除しないと、新サイト(https://~)の追加は出来ない仕様になっています(2018年11月現在)。

「旧サイトへの関連付け」の削除は、ためらいますが、削除が正解です。

一方、「サーチコンソール」は、旧サイトは削除せずそのまま残したままで、新サイトを追加できます。旧サイトを削除しても良いのですが、削除しない方が旧サイトのデータが見れるので、残しておいた方が良いでしょう。

このように、「アナリティクス」と「サーチコンソール」の新サイトの登録には、旧サイトの扱いに違いがあるので、ご注意を。

https 化して何か良いことがあった?

アドレスに「赤文字警告」が表示されなくなった

とにかくこれが嬉しい。

先日から、http だとクロームで赤文字でアドレス欄に警告表示が出るようになりましたが、それが消えました。

アクセス増加 ※後日追記あり

https にしてから、まだ1週間ぐらいのデータしかありませんが、以前と比べ、アクセス数はどうなったのかというと…

2倍近くに増加しました~。

2倍!2倍!(高見山のイメージで)

正直、ここまで短期間でアクセスが急増するとは思っていなかったので、予想外です。

他サイトの記事をいくつか読んだ感触では、3ヶ月ぐらい後に、アクセス数が元に戻ってれば良しと考えてました。

※後日追記
さらに1週間を経過したら、アクセス数は元に戻った感じです…

ちなみに、アクセスはずっと右肩上がりではなく、https にした直後の3日間ぐらいは、アクセス数が以前の半分に減って、その後、急激に回復、上昇という軌跡です。

他サイトの記事でも、アクセス数は、いったん落ちて、その後回復するという記事をいくつか読んでいたので、この「いったん落ちて上がる」パターンが多いみたいです。

なので https にした直後のアクセス減少は、気にしなくて大丈夫だと思います。

まとめ~https 化はすぐにやるべし~

以上の点に気をつければ、初心者でも、わりと短時間で https に移行できます。

https 化には、とくにデメリットもないので、…いや、たしかに面倒くさいというデメリットはありますけど、まあ、がんばってやってみる価値はありますよ。

以上で、

「初心者が、https への移行を1時間で終わらせる記事」

を終わりにします。

武器としての書く技術 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2013-06-27)
売り上げランキング: 2,604

-ネットのコツ

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.