資産運用

私のアセットアロケーション(2018年3月現在)

投稿日:2018年3月20日 更新日:

他人のアセットアロケーションを見るのって楽しいですよね。

自分のと比べたり、ひょっとしたらお得な情報が転がってるかもと、思わず読んでしまいます。

他人から楽しさを貰ってばかりでは悪いので、イデコを始めて半年、投資初心者の私ですが、情報を共有化すべく、私のアセットアロケーションを公開します。

私の金融資産を公開

アセットアロケーションを公開する前に、自分の「金融資産」を明らかにしておきます。

ちなみに、「金融資産」の反対は、土地、建物、機械、金、銀などの「実物資産」です。

私の「金融資産」は

安全資産
・預金 ○○万円(ヒミツ)←少ない…

リスク資産
・イデコ 月36,000円
・証券会社の課税口座 月3,000円

うーん。
心許ない…

この「金融資産」を最適配分するのが、アセットアロケーションです。

預金には手を付けない

万が一のため、預金は生活防衛費として、そのまま手を付けないでおくとします。

以下では、リスク資産のイデコ口座月々36,000円と、課税口座月々3,000円のアセットアロケーションを公開します。

私のアセットアロケーション

イデコ(月36,000円)
・国内株式 20%
・先進国株式 60%
・新興国株式 20%

課税口座(月3,000円)
・バランス型の投資信託 100%

こんな感じ。

他人のアセットアロケーションと比べると、株式多めであり、積極的にリスクを取る部類に入ると思います。

イデコと課税口座をあわせた数字

イデコと課税口座をあわた各資産の割合は、以下のようになります。

株式 95.8%

・日本株式 18.7%
・先進国株式 57.6%
・新興国株式 19.5%

債権 3.7% 
・日本債券 0.3%
・先進国債権 2.3%
・新興国債権 1.1%

ほぼ株式ですね。債権はわずかです。

私のアセットアロケーションのリスクとリターン

以上の数字を、『ファンドの海』のツールを使って円グラフにします。

 

円グラフにすると、先進国株式の割合がかなり多いことが視覚的にも分かります。

リターンとリスクは、

期待リターン (年率)
5.68 %

リスク (年率)
18.37 %

リスク18.37%という数字は、ネットで公開されている他のひとのアセットアロケーションと見比べると、やや高いように思います。

印象論ですが、リスクは13%とか10%前半の人が多い気がします。

私の場合、株式はイデコで20年以上長期運用することで、株式のハイリスクを帳消しにできると都合よく(思考停止的に?)判断しています。

正直に言えば、リターン5.68 %のわりにリスク18.37 %がやや割高で、アセットアロケーションをもう少し工夫することで、リターンを維持しつつ、リスクを下げられるのは自認しています。

ですが、とにかく一秒でも早く、株式への投資を始めたかった。これから、債権とか、別の資産クラスを買い足していく腹づもりです。

今後のアセットアロケーション方針

・(前提)所得を増やす
いまのわたしの所得額では、どんなアセットアロケーションを組んだとしても、経済的に安定するのは難しいので、とにかく所得を増やそう。
(先日、確定申告に行ってきたのですが、払う税金がめちゃ少なかった…)

・預金を一年間に50万円づつ増やす
投資を始める前に、預金など、安全資産をどれくらい確保しておくべきかは議論があることころです。

ちまたでは、最短で生活費2か月分、最長で3年分という数字をよく目にします。

いずれにせよ、私の預金額は少ない気がするので、もう少し増やします。

・月10万円を投資に回す
私の所得を増やしてからの仮定の話になりますが、投資額を、現在の月39,000円から、月10万円へ増やしたい。

具体的には、イデコを月36,000円から67,000円へ増額し、それにプラスして、NISAやウェルスナビにも、月3万円ぐらい投資をはじめたい。

67,000円+30,000円=月10万円

・NISAを始める
つみたてNISAか一般NISAか、どちらでもいいから、イデコ以外に、非課税口座をもう一つ作る。これはすぐにやろう。

・株式以外の資産の投資を始める
債権、REITを中心に。特に国内債券かな。

以上で、「私のアセットアロケーション公開、イデコ、株式万歳」を終わります。

編集後記

次は、個別銘柄について話したいです。

-資産運用

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.