ブログ論 ワードプレス

【ワードプレス】パーマリンクの設定に「日付」を入れてる場合でも、URLを変えないで記事の公開日時を変更する方法

投稿日:2018年7月3日 更新日:


過去記事を修正したら、最新記事として再UPしたい

「ブロガーあるある」です。

過去記事を修正(リライト)した時とか、過去記事の日付を、今日の日付に変えて、もう一度、最新記事としてあげ直したい時ってありますよね?

最新記事として再UPすれば、それだけ読者の目にも止まりやすく、読まれやすくなります。

読者としても、リライトされ内容がより充実した記事ならば、もう一度読んでみたいと思うはずです。

公開日時を変更すると、URLも変わってしまう問題

ワードプレスの場合、

・パーマリンクの設定に「日付」を入れてると、

過去記事の公開日時を変更すると、記事のURLも変わってしまいます。

これ以外の、

・ワードプレス以外のブログサービス、たとえばライブドアブログを利用している場合
・ワードプレスを利用している場合でも、パーマリンクの設定に「日付」を入れていない場合

であれば、記事の公開日時を変更しても、URLは変わりませんので、この記事は関係ありません。

「記事のURLが変わってしまうデメリット」は大きい

記事のURLが変わると、ネット上において、別の記事と評価されます。

そのため、それまで記事が得ていた評価(たとえば、グーグルからの評価、はてブ数、被リンク)を、すべて失うことになってしまいます。

「リライトした記事を、URLを変えずに、最新記事として再UPする方法」見つける必要があるのですが、これにはいくつか方法があります。

5つの解決策

「手間がかかってしまう」順にあげます。

  • 【ブログ引っ越し】ブログ自体を、ワードプレスから、更新日時を変更しても、URLが変わらない仕様の、他のブログサービス会社に引っ越してしまう。
  • 【パーマリンク設定変更】ワードプレスの利用はそのままで、パーマリンクの設定を、[日付あり]から、[日付が入っていないもの]に変更。過去記事を含め、記事のURLを、更新日時を変更しても影響を受けない設定に変えてしまう。
  • 【オススメ記事表示】ブログトップページの最新記事一覧の前に、「オススメ記事」といった形で、リライトした過去記事を並べる。公開日時は変えない方法。
  • 【先頭に固定表示】テンプレートやプラグインを使って、リライトした記事を「ブログの先頭に固定表示」させる。これも公開日時は変えない方法。
  • 【プラグインを利用】プラグイン「Custom Permalinks」を利用し、記事ごとパーマリンクの設定を変えられるようにすることで、公開日時を変える記事のURLだけを、従前のURLのまま維持させる。

どの方法でも大丈夫ですが、わたしが推奨する方法は、最後の、プラグイン「Custom Permalinks」を利用するやり方です。

プラグイン「Custom Permalinks」を利用する

この方法のメリットは

  • リライトして最新記事として再upしたい記事だけ、「Custom Permalinks」を利用して、パーマリンクの設定を変えれば済む

ので、とってもラクチンです。

わたしはこの方法を用いて、URLを変えずに、リライトした過去記事の公開日時を変更しています。

「Custom Permalinks」の導入方法

まずは、導入方法から説明します。

ダッシュボードの「プラグイン 新規追加」から、「Custom Permalinks」検索します。

このマークが目印です。

見つかったら、インストールして有効化します。

有効化するだけで、特に設定などしないでも、すぐに「Custom Permalinks」を使える状態になります。

「Custom Permalinks」の使用方法

「Custom Permalinks」は、すでに公開済みの過去記事のURLも、これから公開しようとしている新記事のURLも、どちらも同じようにいじることができます。

なので、どちらを例に出して説明してもいいのですが、この記事は「過去記事のリライト」がテーマなので、過去記事を例に、「Custom Permalinks」の使い方を説明しますね。

どれでも構わないので、任意で選んだ過去記事の「投稿編集」画面に移動します。

すると、「Custom Permalinks」を導入後は、記事タイトルの下に、パーマリンク設定欄が表示されるようになってるはずです。

そして、パーマリンク設定欄をよく見ると、うすく灰色の文字列が見えると思います。

その灰色の文字列が、ご自身がワードプレスで設定した「パーマリンクの設定」から導かれる、その記事のURLです。

灰色の文字列=「パーマリンクの設定」から導かれる標準の記事URL

とくに何もしなければ、「その灰色の文字列」がその記事のURLになります(なっています)。

ご自身のブログで過去記事を確認していただければ、現にそうなっているはずです。

わたしのパーマリンク設定

わたしの場合、パーマリンクの設定を

「http ://hisoka-akira.com /記事を公開した年月/投稿ID/」

としているので、

「http ://hisoka-akira.com /20180630/7004/」

という過去記事のURLからは、

2018年6月30日に公開した
・投稿ID「7004」番の記事だよ

ということが分かります。

ここまでが、基本的な説明になります。

まとめ

  • 「Custom Permalinks」をインストール、有効化すると、(過去記事であろうと、新記事であろうと)「パーマリンクの設定」を、記事ごとに設定できるようになる。
  • 「パーマリンク設定欄」に表示される、灰色の文字列は、大元となる「パーマリンク設定」から導かれる記事のURL。何もしなければ、その灰色の文字列が、記事のURLになる。

とりあえず、ここまでよろしいでしょうか。わたしの頭の整理も兼ね、確認しました。

【実例】公開日時を変更すると、URLが変わってしまう

パーマリンクの設定に、わたしと同じように「日付」を入れている場合、何もしなければ、公開日時を変更すると、それに伴って、URLも変わってしまいます。

「ホントかよ」と思われる人がいるかもですので、実際に「公開日時を変えると、記事のURLも変わってしまう」のを、お見せしますね。

「6月30日に公開した過去記事」の公開日時を、「6月30日」から「7月3日」に変えてみます。

「更新ボタン」を押すと…

記事のURLは、以下のように変わります(黄色の網掛け部分が変わったところです)。

変更前の記事URL
「http://省略~~~/20180630/7004/」

変更後の記事URL
「http://省略~~~/20180703/7004/」

パーマリンクに「日付」を入れてる場合、公開日時を変更すると、同じ記事であるにもかかわらず、記事のURLが変わってしまいます。

これだと、変更前後で、別記事の扱いになるのでダメなわけです。

正確に言えば、「変更前の記事」はネット上から削除され、「変更後の記事」が新しい記事としてネット上に生まれたことになります。

では、どうすればいいのか。

ここから「Custom Permalinks」の出番になります。

いろいろ試してみた結果、

  • 過去記事の公開日時を変更し、「更新ボタン」を押す前に、
  • タイトル下の「パーマリンク設定欄」に、マウスのカーソルを落とし、一度クリックする

だけで、記事のURLを変えずに、公開日時だけを変更することに成功しました。

つまり、(もちろんプラグイン「Custom Permalinks」導入後に)過去記事の公開日時を変えて、「更新ボタン」を押す前に、「パーマリンク設定欄」を一度クリックするだけです(大切なので、同じことを2回言いました)。

一度、クリックすると、灰色の文字列が、いったん「黒」色になります。

そのあとカーソルを外すと、元の「灰」色に戻りますが、それでOK。

一度クリックさえすれば、あとは更新ボタンを押しても、「公開日時は変更したけど、従前のURLのままの記事」が、ちゃんと最新記事として再アップされるはずです。

利用しはじめのころは、「パーマリンク設定欄」に、変更前のURLの文字列、たとえば「/20180630/7004/」を貼り付けたり、いろいろしていたのですが、そんなことする必要なくて、単にクリック一つで事足りることを発見しました。

もっとも皆さんは、はじめは、どうしたって「URLが変わってしまわないか」不安になると思うので、この記事を参考にしつつ、「テスト投稿」で色々試してみてから、本格活用するようにしてください。

変更したURLを確認する方法

「Custom Permalinks」を使って、URLを変更したか(もしくは、公開日時を変えても従前のURLをそのまま維持したか)どうかを、確認したい場合は、

「投稿の編集」画面で、パーマリンク設定欄の文字列が、灰色ではなく、ハッキリとした黒色で表示されようになる

ことで、分かる仕様になっています。

それ以外にも、ダッシュボードの「Custom Permalinks」の所からも、変更したURLの一覧を確認することが可能です。

URLをいじった記事一覧を見ることができるので、とても便利です。

「Custom Permalinks」を使った方法のデメリット

この方法の考えられるデメリットを挙げておきます。

  • プラグイン「Custom Permalinks」自体に不具合が発生した場合に困る。
  • ネット上で検索しても、「Custom Permalinks」を使って「URL変更問題」を解決している人を見つけられなかった。まだ私もこの方法をやり始めたばかりなので、ひょっとしたらこの先、予期せぬ不具合を発見するかも(もし不具合あった場合、追記します。おそらく大丈夫だと思いますが…)。
  • 公開日時を変えるたびに、それに伴い記事のURLも変わってしまわないように、ワンクリックですが、ひと手間作業が必要になる。
  • たかだかワンクリックを忘れてしまった場合のダメージが、かなり大きい(=記事のURLが変わってしまう)。もっとも、URLが変わってしまっても、元のURLに戻すのもカンタンにできるので、それほど心配はいらない。

仮に間違えて記事のURLを変えてしまっても、すぐ元に戻せます。ですが、URLを変えてしまったことに気づかなかったりする可能性もあるのが、この方法の良くないところです。

公開日時を変えるたびに、いちいち「ワンクリック」という作業が必要になるが、この作業を忘れたことに気付きにくいかもしれません。

そのほか「4つの方法」も検討してみる

わたしが推奨するのは、いま説明したプラグイン「Custom Permalinks」を利用する方法ですが、それ以外の方法でも「URL変更問題」は解決できます。

ここから、それ以外の「4つの方法」も検討してみます。気になるかたや、「Custom Permalinks」を使いたくないかたは、どうぞ。

4つの方法

  • 【ブログ引っ越し】ブログ自体を、ワードプレスから、更新日時を変更しても、URLが変わらない仕様の、他のブログサービス会社に引っ越してしまう。
  • 【パーマリンク設定変更】ワードプレス利用はそのままで、パーマリンクの設定を、[日付あり]から、[日付が入っていないもの]に変更。過去記事を含め、記事のURLを、更新日時を変更しても影響を受けない設定に変えてしまう。
  • 【オススメ記事表示】ブログトップページの最新記事一覧の前に、「オススメ記事」といった形で、リライトした過去記事を並べる。公開日時は変えない方法。
  • 【先頭に固定表示】テンプレートやプラグインを使って、リライトした記事を「ブログの先頭に固定表示させる」。公開日時は変えない方法。

この4つを、上から順に検討していきますね。

ブログ自体を引っ越す

「公開日時を変えても、URLが変わらない」仕様のブログサービスはたくさんある

そもそもですが、「記事の公開日時を変えると、URLも変わってしまう」現象は、けっこう珍しい仕様みたいです。

ワードプレス以外の、ほかのブログサービスに引っ越してしまえば、それだけで「URLが変わってしまう問題」は解決されたりします。

わたしの知る限り、「はてなブログ」や「ライブドアブログ」では、過去記事の公開日時を変更しても、URLは変わらない仕様になっています。

はてなブログについては、「ブログの過去記事をリライトしたら更新の日付も最新にしよう」という記事で確認済み。

ライブドアブログについては、イケダハヤトさんが、過去記事をリライトして、最新記事としてあげ直しているのを確認済み。

この2つ以外のブログサービスでも、「URLが変わらない」仕様の所はたくさんあると思います。ワードプレスから、そういうブログサービスに引っ越してしまうのも、一つの手です。

引っ越しは面倒

ただし、あたりまえですが、この方法では、「ブログを引っ越す」という手間がかかってしまいます。

ワードプレスに不満があり「ブログ引っ越そうかな」と、すでに思っている人が、その動機に付け加える形で「URLが変わらないから」なら良い方法だと思いますが、「リライトした記事の公開日時を変えるため」だけに、ブログを引っ越すのは、やや大げさな気もします。

「すでにブログの引っ越しを検討している」
「ブログの引っ越しを勉強したい」

という人以外、この方法はオススメしません。

パーマリンクの設定を「日付が入っていない」設定に変更する

王道の方法

ネットで調べたら、今回の「わたしと同じような悩み」を抱えてる人が散見されましたが、「パーマリンク」の設定を変えて解決している人が、ほとんどでしたね。

パーマリンクの設定を、「日付あり」から「日付の入っていない」もの、たとえば「投稿名」などに設定し直す。

この方法の良いところは、一度パーマリンクの設定を変更してしまえば、その後は、永久に「URL変更」問題から解放されるところです。

「Custom Permalinks」を利用した場合と異なり、「過去記事の公開日時を変更するたびに、ワンクリックしなければならない」といった手間は無いので、思う存分「リライト→最新記事として再UP」できるようになります。

リライトを頻繁にする人には、良い方法だと思います。

わたしも、2番目にオススメする解決方法です。

初心者も取り組みやすい

「パーマリンクの変更」方法については、すでにネット上に、たくさんの記事があります。「情報がたくさんある」という点で、初心者にも、取り組みやすい方法でしょう。

また、すでに多くの人が「この方法を実践している」ということは、「多くの検証にかけらた」ということです。
なので、この方法だと不測の不具合も生じにくいはずです。仮に、不具合が生じても、誰かがすでに解決策をネット上で書いてくれてる可能性が高いです。

パーマリンクの設定を変えるだけなので、ブログ全体を引っ越すよりは、手間は少なくすむでしょう。

「パーマリンクの設定の変更」もかなり面倒

それでもこの方法も、旧URLの情報を新URLへ引き継ぐために、「リダイレクト処理」を行う必要があるなど、やっぱり面倒なんですよね。

しかもブログを始めて間もない頃ならともかく、すでに過去記事が50とか、100ぐらいあると、その分、手間も増えます。

なので、「2番目にオススメの方法」といったものの、「過去記事ストックが少ないブログ開始直後」でないならば、できればこの方法も避けたいですね。

最新記事一覧の手前に「オススメ記事」として表示させる

公開日時を変えなくても、リライト記事が「読者の目にとまれば」それでいいじゃないか

そもそも別に公開日時を変えなくても、リライトした記事が読者の目に止まればいいわけです。

なので、ブログトップページに表示される「最新記事の一覧」の前に、「おススメ記事」一覧を作り、そこにリライトした記事を5つぐらい並べる設定にするのはどうでしょうか?

しかも、リライトしたばかりの記事には、赤文字で「NEW」と表示させる設定にすれば、それで事足るのではないか?

発想の転換です。

有益な情報だと思うので書いておくと、グーグルは、公開日時が古くても、修正日時を見て、その記事の鮮度を判断する(場合もある)ようです。

なので、「グーグルに、リライトしたから、最新の内容を含んだ記事だと判断してもらう(検索上高評価を得る)ためにだけに、わざわざ公開日時を最新に変える必要はない」というのが私の理解です。

その証拠に、グーグル検索上で表示される記事の日付は、「公開日時」ではなく、「修正した日時」の場合が結構あります(このブログでも確認済み)。

なので、記事の公開日時を変えるのは、単純に「読者へ最新記事として再提供したい」ためだけなのです。

だったら、この方法でも、リライト記事を、読者の目にとまりやすくさせることは可能なので、良さそうな気もします。

幸いにして、最新記事一覧の前に、いくつか特定記事を表示させる設定にすることは、お使いのテンプレートによっては標準装備されてたり、プラグインなどを使えば、割合簡単にできる作業です。

わたしが使っている有料テンプレート「アフィンガー5」ならあっという間にできるはず。

この方法であれば、少なとくとも「ブログの引っ越し」や、「パーマリンク設定の変更」より、圧倒的に手間は少なくてすみます。

なんか違うんだよね…

最新記事一覧の前に、リライト記事を並べる

美学の問題になりますけど、なんか美しくないんですよね。なんか違う。

「なんか」と、曖昧でスミマセン。

ただ、読者目線で考えてみても、ブログトップページの最新記事一覧の前に、「おススメ記事」を配置してるブログって、結構ありますけど、そういう最新記事一覧の前に配置されてる記事って、たいてい読み飛ばしませんか?

わたしは読まないことの方が多いな~。

それだと意味ないんですよね。

もっと自然な感じで、リライト記事を「最新記事として並べたい」のですよね…

「ブログの先頭に固定表示」させる

「特定の記事を先頭に固定表示させる」設定を使うことができれば、リライトした記事を、最新記事の前に配置させることが可能です。

ツイッターをやってる方はご存じだと思いますが、ツイッターの先頭に「特定のツイートが固定されてる」のをときどき目にすると思います。それのブログバージョンといえる方法です。

「先頭固定表示」は、「公開日時を変えなくても、リライトした記事が目立てばいいじゃん」という発想に基づく解決方法なので、さきほど説明した「最新記事一覧の手前にオススメ記事として表示させる方法」と、同じ発想の解決策です。

「オススメ記事として表示させる」方法と違うのは、

・「先頭固定表示」の方法は、リライト記事を、より自然に、あたかも最新記事のように配置できる。

ことです。

この方法も、お使いのテンプレートや、プラグインを利用することで、だれでも簡単にできるはずです。

わたしが使用している有料テンプレート「アフィンガー5」では、「投稿の編集画面」で、「この投稿を先頭に固定表示」するを選択することで、超カンタンに、特定の記事を「先頭固定表示」することができます。

先頭に記事を固定するデメリット

・先頭に固定する記事って、本当に大切な記事だけというイメージがありますよね。

過去記事をリライトしたから、「気軽に再UPする感じ」とは、少し異なります。

・しかも、リライト記事は、一度先頭表示された後は、その後は、できたら、他の最新記事と同様に、どんどん過去のほうに流れた方が、より望ましいわけです。

別に、リライト記事をずっと先頭に固定したいわけではありません。最新記事として再UPしたいだけなのですから。

いろいろ考えましたけど、この「先頭固定表示」方法だと、やりたいことと、どうしても、すこしイメージがずれてしまいます。

まとめ~テスト投稿では「noindex」をお忘れなく~

記事のまとめに入ります。今回は、

  • ワードプレス利用者で
  • かつ、パーマリンク設定に「日付」を入れてる人が
  • 記事のURLを変えずに、公開日時を変える方法

について、いくつか解決策を提示してみました。

  • 【プラグインを利用】
  • 【ブログ引っ越し】
  • 【パーマリンク設定変更】
  • 【オススメ記事表示】
  • 【先頭に固定表示】

手間が一番少ないので、まずはプラグイン「Custom Permalinks」を利用する方法から、試してみるとよいと思います。

現在、わたしも、この「Custom Permalinks」利用する方法で、過去記事を公開日時を変更しています。

注意点としては、「Custom Permalinks」をはじめて利用する場合は、いきなり被リンクたっぷりの過去記事からでなく、まずは、テスト投稿記事(テスト投稿記事は「noindex」にすること推奨)で、「Custom Permalinks」の使い方を、少しづつ覚えていくと、後悔せずにすみます。

記事のURLが変わってしまうダメージは大きいですから。

もっとも、仮に、間違ってURLを変えてしまっても、「Custom Permalinks」を使って、元のURLに戻すのも、簡単にできますけどね。ですが、間違えないに越したことはありません。

この記事を参考にしつつ、試してみてください。

-ブログ論, ワードプレス

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.