書評・評論

「あるかしら書店」を読んで、ひさびさに絵本で感動

投稿日:2018年7月19日 更新日:



こんにちは。アラフォーブロガーのアキラです。

普段、わたしは「絵本はあまり読まないタイプ」なのですが、あるきっかけで、「あるかしら書店」という絵本を読んだら、あまりの素晴らしさに感動したので、今回ご紹介します。

「絵本~? 何それ?絵本なんてどうせ子供が読むものでしょ。…っていうか、『絵本好きの大人』ってなんかうさんくさいし…」

と思ってる人にこそ、ぜひ読んでほしい絵本です。

この絵本がスゴイ!

あるかしら書店

これ、読んだのですけど、「大当たり」でした。

人気絵本作家のヨシタケ シンスケさんの「本」への想像力が爆発しています。

読んだ感想

全体の印象を一言で言うと、「クスリと可笑しくなる」系です。

「あるかしら書店」を読んでるときに私の中で起きた感情を、箇条書きしてみますと、

  • (荒唐無稽だけど)こういう「本の使い方」があったのか!
  • 作者の想像力すごくね?すごすぎね?
  • 「本」ってそもそも何だっけ?(こんな「哲学的問い」をしたくなる)
  • 書店を応援したくなるな~。
  • こういう結末か~。やられたぜ。
  • なんだろう、この読み終わったあとのスッキリ感。

その面白さにあっという間に、最後まで読んじゃいました。

…「あっという間に読み終わった」といっても、ペラペラな内容の薄い本という印象はまったくなくて、しっかりとした読み応えがありました。

中身だけでなく、本の製本も、栞(しおり)とかカバーとが、細部まで、ちゃんとこだわって作られており、読み終えた後は、率直に「いい本買ったな」と思いましたね。

対象は、子供から大人まで

「良い絵本」の条件の1つだと思うのですが、子供のみならず、大人が読んでも十分に楽しめる絵本になっています。

・画風は、子供にも読みやすい「軽いタッチ」なんだけど
・内容は、大人も繰り返し読むに値する「知的雰囲気」を醸し出してる

そんな感じ。

もちろん小学生にプレゼントしても、きっと喜ばれるはずです。

ネットで「立ち読み」可能

書店に行かなくても、下記のサイトで、「初めの15ページ」ほど無料で立ち読みできるんで、気になる人は読んでみてください。

※ちなみに、「立ち読み」はいきなりできます。「登録」など、面倒な手続きは一切ありません。

(数ページ読める)あるかしら書店|絵本ナビ
https://www.ehonnavi.net/ehon/115666/あるかしら書店/

ネット上で、ほんのさわりだけ読むと、「そんなに絶賛するほどか?」と感じるかもですが(感じた)、物語は終盤にかけて、これでもか、これでもかと、たたみかけてくる面白さなので、ぜひ、実物をゲットして、最後まで読んでほしいですね。

本に関連する豆知識

この記事を書くにあたって、軽く調べた範囲ですが、「知ってるとどこかで役立つかもしれない」、この絵本に関連する豆知識を、箇条書きします。

【作者について】作者のヨシタケ シンスケは1973年生まれの、イラストレーター。
これまで数多くの、イラスト、絵本、書籍を手掛けている(参照:ウィキペディア)。

【インタビュー記事】ヨシタケ シンスケさんへの「この絵本に関するインタビュー記事」がネット上で読める。
記事には、ヨシタケさんのお顔、仕事現場を写した画像が1枚あり。

【本になった経緯】「あるかしら書店」は、ポプラ社の文芸PR雑誌「asta*」で連載していた「頭の中書店」が、タイトルを新しく本にしたもの。

【掲載雑誌】「asta*」という雑誌は、大型書店で無料で配られている。
ネットにも公式サイトがあり、紙媒体の「asta*」の一部連載がネット上で読める(参照:ウィキペディア)。

【大人気】「あるかしら書店」は、小学生12万8055人が投票した「こどもの本総選挙」で第2位となった。

【限定カバーあり】2018年7月に、「夏休み期間限定カバー」が登場した。

先日、わたしが紀伊国屋で購入した「あるかしら書店」には、通常バージョンと、期間限定バージョンの、2つのカバーが装着されていた(1冊の本に2つのカバーが付いてる珍しい形態)。全国どこの書店で買っても、必ず2つカバーがついてくるかは、不明。

こんなところが豆知識になります。

期間限定カバーは、今だけの売り切りだと思うので、欲しい人はお早めに。

ただ、中身は同じなので(たぶん)、期間限定カバーを取得するために、わざわざいくつも書店を回るなど、躍起になってゲットしようとする必要はないと思います。わたしならしません。書店にあったらラッキーぐらいで。

まとめ~人生ベスト3入る絵本~

わたしが「あるかしら書店」を購入した経緯

姪っ子に「この絵本が欲しい」と手紙でリクエストされたので、先日、散歩のついでに、本屋に買いに出かけたら、目立つところに、この絵本が置かれていました。

(軽い引きこもりなので店員の目が気になりつつも)レジで会計を澄ませて、無事帰宅。

プレゼントする前に、確認もかね、試しに読んでみたのですが、その面白さから、あっという間に読み終わり、「これはブログに書きたい」と思った次第です。

いま手元に「あるかしら書店」を置きながら、この記事を書いているのですが、「この絵本が欲しい」と言ってくれた姪っ子に感謝してます。

欲しいと言われなきゃ、一生この絵本を読むことはなかったでしょうから。

これだけ面白い絵本はなかなかお目にかかれない

わたしの人生ベスト3入る絵本です。

…「どんだけ面白いんだよ」と、未読の方の期待ハードル上げすぎるのもなんなんで、記事はこれぐらいにしておきます。

電子書籍でも良いですけど、1冊は、紙の本として、手元に置いておきたくなる本です。

アマゾンでも買えます

あるかしら書店

あるかしら書店

posted with amazlet at 18.07.18
ヨシタケ シンスケ
ポプラ社
売り上げランキング: 2,043

 

もちろんアマゾンでも買えますが、ネット上だと、本に「夏休み期間限定カバー」も付いてるかどうが、今のところ(2108年7月18日現在)、不明です。

期間限定カバーをどうしても欲しいという人は、お近くの書店で、実物を確認してから買うのが良いでしょう。

ちなみに、アマゾンで検索したら、関連商品としてこんなのもありました。

([よ]4-1)あるかしら文庫手帳 (ポプラ文庫)
ヨシタケ シンスケ
ポプラ社
売り上げランキング: 8,846

 

「あるかしら書店」の手帳です。

この手帳は、メモやイラスト、スケジュール帳にと、なんにでも使えるみたいです。

-書評・評論

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.