ASP

スマホ専用広告「nend」の収益について、2年間使ってみての感想、使い方のコツ

投稿日:

粘土(ねんど)

こんにちは。ブロガーのアキラです。

今回は、クリック報酬型広告の一つ「nend」を、わたしが実際に2年間使ってみた感想、使い方のコツを書いてみます。

・これから「nend」を使おうか迷っている人
・いま現在「nend」を使っている人

の参考になればと思います。

「nend」はスマホ専用

記事タイトルにもあるように、「nend」はスマホ専用の広告です。PCには貼れないのでご注意ください。

「nend」と同じようなスマホ専用広告には、

・AMoAd(アモアド)
・ADroute(アドルート)

があるので、ここら辺と「nend」は比較対象になるでしょう。

結論~かなり良い感じ~

2年間「nend」を使ってみての感想を一言で表すと…

スマホ用のクリック報酬型広告としては、A社(超有名広告)を除けば、最優秀レベル

という高評価になります。

わたしが運営しているサイトの中で、超有名広告「A社」を貼ってないサイトでは、スマホの収益は「nend」を頼りにしている現状です。

高評価の理由

わたしが「nend」を高く評価する理由を3つ挙げると、

【収益性○】「A社」を除いた「クリック型広告」の中では、収益が「マシ」。

【始めやすい、使いやすい】審査がそれほど厳しくなく、誰でも始めやすい。開始後も、厳しい規約は無いので、気楽にブログ運営が可能。

【安心感】広告の運営会社が大手の「ファンコミュニケーションズ」。

この3つです。

「nend」の収益について

気になる収益について、もう少し具体的に言うと、わたしが2年間使ってきた実感と、今回ネットで調べたことを合わせますと、「nend」の収益は、

・(前提)「nend」の収益は、広告を貼ったサイトとの相性によってかなり異なる。なので、いちがいに「nendの収益がこれくらい!」と断言するのは難しい。

・あえて言うと、「nend」の収益は、「A社」を貼った時と比べて「4分の1以下」の収益。

「4分の1」じゃなくて、4分の1「以下」です。

「nend」も決して悪くありませんけど、やっぱり収益では、「A社」最強説はゆるぎませんね~。

あくまで、「nend」は、何らかの理由で「A社」を貼れない場合の最優先選択肢という位置づけです。

「nend」の収益はサイトによって違ってくる

「nend」は、スマホゲームやアプリの広告が多いとされており、ゲーム系の趣味を扱ったブログなどでは、収益が高くなるでしょう。

それと、広告配信の開始直後は、どのサイトでも「nend」の単価が思ったより高く驚くかもしれません。ですが、時間の経過とともに、単価は落ち着いてくる(さがる)のが通常です。

この「広告配信開始直後は単価が異常に高い」現象は、「nend」だけでなく、どの広告会社にも当てはまりがちな傾向だと思います。

「nend」の「eCPM」は、具体的にどれくらい?

ネットで「nend」のクリック型広告の「eCPM」を調べてみたら、「7円、10円、40円」という数字を発見しました。

「eCPMとは何ぞや」という人に、ざっくりと説明すると

「eCPM」
=1000pvあったときの収益

という理解で、おおむね合ってると思います。

わたしの「nend」の「eCPM」も、約「10円」なので、だいたいここらあたりが相場みたいですね。

最強「A社」と比較すると

「A社」の「eCPM」(に近い概念)は、一般的に「200~300」とされています。

仮に「200」とすると、

「nend」のeCPMが
「7円」だと、「A社」の3.5%
「10円」だと、「A社」の5%
「40円」でも、「A社」の20%

の収益となります。

わたしが見つけた「nend」で最も高い「eCPM」の「40円」という数字と比較しても、「A社」の「20%」の収益しか、「nend」では上げられないことになります。

かなり厳しい数字ですが、こんなものです。「nend」は、まだマシな方です。

「nend」が弱いというより、「A社」が強すぎるのが、クリック型広告の現状です。

「nend」は「A社」以上稼げる?

なかには、「nendはA社と同等、いやそれ以上に稼げる」という方もいらっしゃいますけど、長い期間で見れば、「A社」の4分1以下に落ち着くと思います。

たとえば、他のサイトの「nendスゲー!→やっぱりそこまでは凄くない!!」という経緯をたどった記事を紹介します。

クリック課金型広告 nend を始めて1ヶ月経過したから実績報告!
http://suzukidesu23.hateblo.jp/entry/nend1022

この記事なんですが、記事では、2015年1月時点では、「nend」が良い結果とあります。

しかし、その10か月後には、

2015年12月23日追記
11月くらいからnendの単価が落ちてしまい酷い状況に。

といった具合に。

具体的に「nend」の単価がどれくらい落ちたのか、残念ながら記事では分からないのですが、結局、どのサイトであっても、長い目で見れば「nend」の収益は、「A社」の4分の1以下に落ち着くと思います。

「nend」で最高に稼げても、「A社」の4分の1以下。

そんなイメージだと、「nend」へ過大な期待を持たずにすんで、始めてみてガッカリということがなくなるでしょう。

「nend」の単価の上げ方

分かりません!

実際、2年使っているのですが、「nend」の単価の上げ方は分かりません。ごめんなさい。

ですが、ひょっとしたら参考になるかもしれない記事を発見したので、ご紹介しておきます。

広告の成果が悪いと下がるらしい

要はクリックされても直帰されたりとか、広告の中身へのアプローチが少ないとダメみたい。

nendは単価が下がりづらいとは聞いてたけど、実際は下がりました。

ネットで見た情報ですが、数日でリセットされるらしいので、単価が下がったら広告を入れ替えるというのも一つの手だそうです。

引用:nendやめてi-mobile(アイモバイル)にしてみない?オーバーレイに最適。
http://www.sugatareiji.com/entry/i-mobile
(注 2016-04-22に書かれた記事)

また聞きになるで、信ぴょう性は△ですけど、「単価の下がった広告を、新しい広告枠と入れ替える方法によって、ひょっとしたら単価が上がるかも」という話です。

たしかに、「nend」では、新規広告枠の作成が比較的簡単にできますから、一応試してみても良いのかもしれません。

ただ、単価が下がるたびに、新規広告枠を作成しすぎると、ひょっとしたら担当者の心証を悪くして、何らかの不利益があるかもしれません。

他のクリック型広告と比べると収益は安定している

2年使ってみての感想としては、「nend」の収益は、比較的安定しており、持ちこたえてくれています。

「eCPM」が低い月があったとしても、何もせずとも、次の月には「eCPM」の数値が回復する、そんなことが頻繁にありました。

なので、わたしの「nend」への信頼感はかなり高いものがあります。

ただ、やっぱり長い目で見ると、ジワジワと「eCPM」の数値は下がってるのは事実です。

現在、開始から2年経過して、「eCPM」が「10円」というところに落ち着いている、下げ止まりしているというのが、現状です。

まとめ

「A社」以外のクリック報酬型広告の最大の利点は、気楽に始められることと、開始後も規約にビクビクせずに、伸び伸び記事を書けることだと思います。

この記事をここまで読んだという事は、「A社」以外のクリック型広告をお探しということでしょう。

まずは気楽に「nend」を始めてみてはいかがでしょうか?試す価値はありますよ。

スマートフォンアドネットワーク【nend】

-ASP

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.