Kindle Unlimited 読み放題 おすすめ本 ライフハック

キンドル読み放題加入者は「雑誌」も読むべし。読み放題に加入しているのに、漫画、一般書籍だけではもったいない

投稿日:2018年6月10日 更新日:

こんにちは。速読マスターのアキラです。

今回は、キンドル読み放題に加入していても、もっぱら漫画や一般書籍だけ読んでいる人は、今度から「雑誌」も読んでみると良いよ。「キンドル読み放題+雑誌」の組み合わせは、「情報摂取コスパ」がハンパなく良いから、という話です。

「雑誌」自体読まない派

普段、本を読む人でも、雑誌はあまり読まない人っていると思うんですよ。

わたしもそうだったんですけど、読まない理由を考えた時、雑誌ってサイズが大きくて、手に取るのが何となく面倒に感じてしまうんですよね。雑誌の大きさから圧迫感を感じてしまうというか、「気軽に手に取れない感」があります。

紙だと、普通の書籍より、収納場所に困る度合も大きいですし。

ですが、キンドルで雑誌を読み始めてから、「雑誌読む派」に華麗に転向できました。

キンドル読み放題で「雑誌」を読むメリット

・「雑誌」でもコンパクトなサイズで読める。場所を取らない

当たり前ですが、雑誌といえども、電子書籍で読む場合、電子書籍自体の大きさになりますから、読むのに準備がいらないというか、大きいことによる圧迫感を感じないですむので、読書への心理的負担が軽いです。

雑誌でも、ふつうの書籍同様、気軽に読めるようになりました。
雑誌を片手で読めます。←これは大きいですよ!

もちろん、収納場所にも困りません。

・「雑誌」に限れば、電子書籍の方が速読しやすい

雑誌に限れば、電子書籍の方が速読しやすいと思いますね。

なぜなら、紙の雑誌の場合、サイズが大きいので、ページを素早くめくりにくいからです。「雑誌を片手に、もう一方の手でページをはじく」といった芸当はできないはず。

この点、キンドルならば、雑誌であっても、画面をポチポチ押すと、ページをどんどんめくれます。

なので、雑誌に限れば、ページのめくりやすさ(速読のしやすさ)は、電子書籍に軍配が上がると思います。

・大量の情報を一気に取得できる

「速読しやすい」に「読み放題」が加われば、大量の情報を短時間で取得することが可能です。

キンドル読み放題+雑誌は、「情報コスパ」が最強でしょう。

キンドルだと「雑誌」は読みにくい?

よく言われる意見として、「キンドルは雑誌が読みにくい」がありますが、この点についても考えてみます。

モノクロで読みにくい

この指摘はごもっともだと思います。

雑誌の種類にもよりますが、基本的に「雑誌はカラーで読むべき」です。カラーの本をモノクロで読んでみればすぐに気づくと思いますけど、色が伝える情報量は思いのほか多いです。

雑誌をモノクロで読むのは、かなり無理して読むことになると思いますし、そこまでストレスを抱えてまで、読書する必要はありません。

なので、雑誌をキンドルで読む場合は、ネットにもつながるキンドル「Fire」シリーズで読んでください。キンドル「Fire」シリーズならば、雑誌もカラーで読めます。

ちなみに、私が持ってるFire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GBなら、1万円程度で購入できます(現在、10,980円)。

この程度の価格なら、読み放題で雑誌を10冊でも読めば、すぐ元が取れるでしょう。

文字が小さくて読みにくい

一番多かったのは、「キンドルだと、雑誌の文字が小さくて読みにくい。いちいち画面をタップして、文字を大きくするのが面倒」といった批判でした。

正直感想ですが、Kindleでは雑誌は読みにくいですね…。

理由は「文字が小さすぎて読みにくい」からです。それだけですね。

僕は老眼とかではないですが、毎回文字を大きくしないといけないですし、大きくしたらどの辺を読んでいるのかわからなくなるのも困りますね…。

引用元:Kindleで雑誌を読んでみて感じたメリットとデメリットについて

…うーん。正直この批判はわたしはピンときませんでした。

雑誌の種類にもよりますけど、雑誌って、一般書籍と違って、ページを眺めて読むもので、そこまで一文字一文字しっかり読まなくないですか?

ページを眺めて、気になったところだけ文字を拡大すればいいじゃないですか。

しかも、キンドル「Fire」で文字を大きくする方法は、画面をタッチして感覚的に操作すれば簡単にできますので、その手間が面倒とかにも感じませんでしたよ。

ズームした画面を元の大きさに戻すのも一瞬ですし、文字を大きくしたからといって、どこを読んでるか分からなくなるなんてこともないと思います。

「雑誌をざっと眺めて、読みたいところだけ、文字が読みにくかったら拡大する」というスタイルで、大量の雑誌を速読しようという人にとっては、文字が小さいことは、ストレスではなく、むしろページの一覧性に優れ、速読がしやすくなってかえって便利に感じました。

まとめ

まとめると、

  • キンドルFireの利用者
  • 一文字一文字キッチリ読む雑誌だけを読む予定の人ではない

という条件付きになりますが、キンドル読み放題で、ガンガン雑誌を読むことを超おススメします。

とりあえずは、読み放題の雑誌は、下の本あたりから読んでみてはいかがでしょうか?

 

たくさんの商品レビューが並んでいて、ザッーと眺めるだけで楽しいですよ。

・キンドルで雑誌を読むときは、キンドル「Fire」シリーズで読むことが必須

ちなみに、わたしの持ってるモデルは、最新モデルの一つ前の「Fire HD 8」になります。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB
Amazon (2017-06-06)
売り上げランキング: 22

 

わたしはこれで雑誌を読むのにも不便を感じませんが、画面がもっと大きいほうが良いという人は、最新の「Fire HD 10」が良いかもしれません。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB
Amazon (2017-10-11)
売り上げランキング: 13

 

従来と比べて画面も大きくなり、雑誌でも読みやすいみたいです。

編集後記

今まで、無意識に「キンドル読み放題の選択肢」から雑誌全般を除外していたのですが、一気に読み放題で読める本が増えました。

キンドル読み放題の良い所は、「現在の自分の興味」からは外れるものの、「将来、興味を持てるかもしれない分野の本」を気軽に探すことができるところです。

キンドル読み放題を利用して、分野にこだわらず、雑誌をどんどん読みまくろうと思います。良い雑誌があれば、今後ご紹介します。

-Kindle Unlimited 読み放題 おすすめ本, ライフハック

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.