学習

放送大学に入学しないで、勉強のためだけに、2年間放送大学の授業を観てきたけど、思いのほか授業が面白かった件(オススメ授業を6つ紹介)

投稿日:2018年6月9日 更新日:

こんにちは。ブロガーのアキラです。

今回は、テレビで観られる放送大学の授業がけっこう面白いよ、という話です。

ハマる

ここ2年ぐらい、放送大学の授業を観ることにハマっております。

はじめは、ブログを書くにあたり、文章の書き方を勉強したいと思い、日本語についての授業(日本語リテラシー)を観たのがきっかけなのですが、「案外放送大学の授業って面白いな」と発見しまして、そのほかの講義も観るようになった経緯です。

偶然、観始めました。

無料で観られる

前回の記事でも書きましたけど、放送大学の授業は、テレビで無料で気軽に観れるのがいいですよね。

放送大学のテレビ授業の特徴として、

・BS放送等がテレビに映る人ならば、放送大学の受講生でなくても、無料で観られる
・テレビで放映されてる授業科目は116以上
・講師の教え方の巧さはピンキリ

が挙げられます。

テレビで観られる授業科目は116以上

現在、テレビだと、116以上の授業科目が放映されてるみたいです。

※下記リンク先にある「テレビの授業科目一覧」によると、116の授業科目があります。これに2018年に新しく開設された授業も加わるので、116「以上」という計算。
https://vod.ouj.ac.jp/view/ouj/#/navi/vod?ca=492

そのうち、ちらっと初回の冒頭だけ観たのを含めますと、わたしは30以上の授業は見たと思います。

その中で、わたしがオススメする授業を今回ご紹介します。

放送大学オススメ授業

高橋 和夫さんの講義全般

高橋先生は、放送大学で一番のオススメ講師です。「講義を楽しんでやっている感」があるので、観ていて楽しいですね。

現在、テレビで観られる、高橋和夫さんの講義は、わたしの知り得る限りでは、以下の3つです。

世界の中の日本('15)
パレスチナ問題('16)
現代の国際政治('18)

()内の数字は、放送された年になります。「'15」とは、2015年に放映が開始された授業という事です。

このように放送大学の授業は、毎年新しいものを収録するのではなく、何年かに渡って同じものが再放送されます。

わたしの知る限りでは、2018年で放映されてる授業のなかで、一番古いものは('11)と付いた授業です。

高橋先生の担当する講義は3つとも、映像や海外ロケを豊富に挟み込んでおり、テレビ授業の特徴をよく活かされてます。

数ある放送大学の授業の中でも、かなり力(予算)を入れて作られている印象です。

3つの授業どれも面白いですけど、1つ選ぶならば、最新の「現代の国際政治('18)」がオススメですかね。トランプ大統領の話題とかも出てきますので、一番身近に感じるでしょう。

日本政治外交史('13)

主任講師
御厨 貴 (放送大学客員教授)
牧原 出 (東京大学教授)

次にオススメしたいのは、日本政治外交史('13)です。明治以降の政治について、政治家を中心に、概説した授業になります。

「'13」とあるように、5年前に収録された授業ですけど、まったく問題ありませんよ。

高校の日本史や政治経済の教科書を読んだけでは分かりにくい、政治家の人となりや、そのときの時代背景を、御厨(みくりや)先生と牧原先生が分かりやすく説明してくれます。

全15回に渡って、担当講師のお二人が登場して授業を進めるスタイルです。

放送大学の授業では、ときどき、このように画面に2人(ときにはそれ以上)登場して講義が進む授業があります。

話す人が、一人か複数かで、それぞれ長所短所あるでしょうけど、この授業では、御厨先生のざっくばらんとした物言いと、牧原先生ぼくとつな喋り方が良くマッチしています。

ときどきロケ映像あり。

権力の館を考える('16)

主任講師
御厨 貴 (放送大学客員教授)

日本政治外交史('13)の担当講師の一人である御厨先生が主任講師を務める授業です。

御厨先生の授業の面白さの主因は「説明のライブ感」にあると思います。御厨先生の話し方には、「原稿棒読み感」がありません。これは放送大学の授業の良しあしを決める大事な要素です。

実際に建物へ訪問するので、ロケ多い。

日本語リテラシー('16)

主任講師
滝浦 真人 (放送大学教授)

わたしが初めて放送大学の授業で全15回を通して観た授業がこれです。

当時、ブログの記事が書けずに、文章の書き方について解説した書籍を乱読するなど、試行錯誤していた時期に、たまたま発見しました。

この授業が面白かったから、わたしの「放送大学の授業視聴ライフ」が始まりました。

正直、この授業を観たからといって、本来の目的である、ブログの記事作成に直接役立ったかと聞かれれば、かなり怪しいですが、授業自体が興味深かったので良しとしてます。

日本語の「は」と「が」の使い分けなどを知りたい方は、ぜひご覧ください。

まとめ

他にも面白かった講義はありましたけど、とくに面白かったのは以上6つです。

  • 世界の中の日本('15)
  • パレスチナ問題('16)
  • 現代の国際政治('18)
  • 日本政治外交史('13)
  • 権力の館を考える('16)
  • 日本語リテラシー('16)

わたしの個人的興味から、オススメ授業が社会科学や人文科学に偏りましたけど、もちろん自然科学系の講義も、放送大学にはたくさんあります。

授業の1回分はネット上に公開されてるので、ご自身で面白そうな授業を探してみてください。もちろん無料で観れます。

わたしは今後も「放送大学授業視聴ライフ」を続けるつもりなので、面白い授業を発見したら、ブログで紹介していきます。

授業内容で面白いネタがあったら、それも記事にしたいな。

-学習

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.