おすすめ学習漫画

子供へのプレゼント用に最適!大人でも楽しめる学習漫画「ドラえもん科学ワールド」「ドラえもん社会ワールド」

2018年4月24日

学習漫画にハマってるアキラです。

今回は、質の高い学習漫画である「ドラえもん科学ワールド」「ドラえもん社会ワールド」をご紹介します。

表紙がキラキラしているシリーズ

ドラえもんの学習漫画は何種類かあります。

「ドラえもん科学ワールド」「ドラえもん社会ワールド」は、表紙がキラキラと光っているシリーズです。

ドラえもん科学ワールド―地球の不思議 (ビッグ・コロタン)
藤子F不二雄 藤子プロ
小学館
売り上げランキング: 17,211

 

ドラえもん社会ワールド ー政治のしくみー (ビッグ・コロタン)
藤子 F不二雄 藤子プロ
小学館
売り上げランキング: 14,191

 

※画像では分かりにくいですが、表紙がキラキラしていて、近未来的な装いになっています。

キラキラ目立つので、学習漫画に興味を持って本屋めぐりをしたことがある人は、表紙をなんとなく見た記憶があるかもしれません。

最新の学習漫画

公式サイトによると、2018年4月現在、「ドラえもん科学ワールド」は17冊、「ドラえもん社会ワールド」は6冊発行されています。

シリーズで一番初めに刊行された、「ドラえもん科学ワールド 宇宙の不思議」の発売日が、2010年8月10日ですから、比較的最近(最新?)出版されたシリーズです。

気になる中身は

はっきり言ってレベル高いです。

学習漫画は玉石混交で、漫画とは名ばかりで文字ギューギューで読みにくかったり、絵が下手だったり、肝心の学習内容が薄かったりと、作りが甘い教材があるのも事実です。

ですが、「ドラえもん科学ワールド」「ドラえもん社会ワールド」は、数冊読んでみて、高い質が保たれたシリーズだなという印象を受けました。

「小学校低学年むけ」とありますが、小・中学生のみならず、おとなが読んでも面白いと思います。

本の構成

漫画1話に、そのあとに「コラム」6ページで漫画で取り上げた話題を掘り下げるスタイルで構成されています。

ドラえもんの漫画1話(漫画の中身は、普通のコミックと同じ)
イラストと文字で構成された「コラム」6ページ(漫画と関連する、ためになる雑学・知識を、小学生にも分かるように、噛み砕いた文章で解説しています。7ページだったり、ページ数は6ページじゃないこともあります)

このセットが、11から12繰り返され、1巻が構成されています。

つまり、1巻の中に、漫画が11話から12話と、コラムが11から12個あるってことです。

漫画自体おもしろい

収録されている漫画は、漫画「どらえもん」の中から、学習に役立ちそうな回を選抜したものです。おそらく、このシリーズのために書き下ろされたものは、ほとんどないと思います。

なので、漫画自体は、学習漫画というより、ふつうの漫画そのままです。

漫画で読者の興味を引きつつ、その勢いで、それに関連する知識をコラムで読ませ学習させよう、という魂胆です。

基本的に、学習は「コラム」部分が担っています。

勉強になるの?

このように書くと、親御さんの中には、子供たちにあたえると、漫画部分ばかり読んで「コラム」は読まないので、勉強にならないのでは?と心配するかたもいらっしゃるでしょう。その気持ちよく分かります。

ですが、心配ご無用です。

ふつうに、「コラム」も読みたくなります。

「コラム」自体が面白いですし、ページ数が6ページで、漫画を読んだ後に気軽に読めるよう、ちゃんと工夫されているからです。

「コラム」6ページが丁度よい感じ

「コラム」が6ページと少ないと感じるかもしれませんが、この手の学習漫画では、必要十分な量だと思います。

これ以上のページ数だと、子供たちに読み飛ばされる危険性がグッと高まりますし、これ以上の知識習得を望むなら、そもそも学習漫画ではない別の教材で学習したほうが効率的でしょう。

気軽に勉強するには、これぐらいが丁度よい感じです

「コラム」自体の質も高い

「コラム」の中身も、6ページの中に知識を無理やり詰め込ん出ような、読みづらい質の低い「コラム」ではありません。

いかにも子供たちが疑問に持ちそうな、素朴な「なぜ」から出発して、大人の私が読んでも「へ~そうだったんだ」という内容が、分かりやすく説明されています。

つまり、漫画、「コラム」ともに、繰り返し読みたくなるし、読むに値する質を保っているということです。

この点、内容がつまらなく、繰り返し読まないならば、学習漫画で勉強する意味がありませんが、このシリーズでは、そのような心配はありません。

試し読みできる

小学館の公式サイトで試し読みできるので、中身が気になる方は、是非ご自身で確認してみてください。

ドラえもん科学ワールド
https://www.shogakukan.co.jp/books/volume/25869

ドラえもん社会ワールド
https://www.shogakukan.co.jp/books/volume/31867

その他気づいたこと

その他、このシリーズを読んで気づいたことを、箇条書きします。

・本の大きさが、学習漫画にありがちな大きめサイズではなく、コミックサイズなので、気軽に手に取りやすい。つまり、繰り返し読みやすい。これは知識の定着には大切なこと。
・このシリーズは、相対的に「当たりはずれ」が少ない。どの本を読んでも、一定の質を保っている。
・売れてる。最近出たシリーズなのに、刷数を重ねている。

まとめ

「ドラえもん科学ワールド」「ドラえもん社会ワールド」の質の高さに感動したので今回ご紹介しました。

子供たちへのプレゼント、または大人の学び直しに最適な教材だと思います。

このシリーズは、他のドラえもん学習漫画シリーズと比べ、当たりはずれが少ないので、どの本から、子供たちにプレゼントしても大丈夫です。

いちいち本屋で中身を読んで、質が確保されてるか事前に確認しないでも、安心して子供たちへプレゼントすることができるシリーズだと思います。

子供たちも読みたくなる、大人たちも読ませたいwinwinのシリーズとなっています。

1冊目にオススメ

もし、どれを子供たちへプレゼントするか迷われている場合は、まずは「ドラえもん科学ワールドspecial 食べ物とお菓子の世界」を、プレゼントすることをオススメします。

ドラえもん科学ワールドspecial 食べ物とお菓子の世界 (ビッグ・コロタン)
今津屋 直子 藤子 F不二雄
小学館
売り上げランキング: 21,713

 

この本は、他の本と違って、「コラム」がカラーになっていて、文字がやや大きく、より読みやすい作りになっているので、このシリーズの1冊目のプレゼントとしては最適だと思います。

この1冊で子供たちの反応を見て、もし気に入ってるようなら、別の本をさらにプレゼントしていくのが良いと思います。

-おすすめ学習漫画

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2019 All Rights Reserved.