ドラマ編

ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(シーズン1)は、自分の中の「刑事ドラマ」の枠を超える面白さだった

投稿日:2018年6月16日 更新日:

こんちには。ブロガーのアキラです。

今回は、アマゾンプライムで見た「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」が大変面白かったので、ご紹介します。

まだ見てない人がいたら、ぜひどうぞ!

TRUE DETECTIVE/二人の刑事 (字幕版)

TRUE DETECTIVE/二人の刑事 (字幕版)

闇に手を伸ばすと、自らの心の闇も見えてくる。HBOが贈る、気迫あふれるこのドラマシリーズ。シーズン1は、二人の刑事(マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソン)がルイジアナ州で起きた連続殺人事件の犯人を追う姿を描く。

異色の刑事ドラマ。
こんな雰囲気の刑事ドラマは見たことがない!

日本のドラマにありがちな「セリフでほとんど状況を説明してしてしまう」といった説明過多がなく、淡々と場面が進んでいきます。

知的ドラマ。大人向け

場面が、時系列順ではなく、「過去の場面」と「現在の場面」が行ったり来たりするで、とくに見始めの頃は、物語の意味がよく分からなかったりします。

それも、見ているうちに「だんだんと主人公2人の状況が分かってくる」という、この「ジワジワ感」が快感です。

「バーン!!ドカーーーン!!」といった、単純な娯楽映画を期待すると、思いっきり「外れ」になるでしょう。

シリーズ1と2は別物

「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」は、現在シリーズ1とシリーズ2がありますが、シリーズごとに完結しています。

登場人物や物語の重なり合いも無いので、完全な別物と捉えるべきでしょう。

評判が良いのは断然シリーズ1で、私のオススメも「1」です。シリーズ2も、そこそこ面白いですけど、まあ「無理して見なくてもいいかな」レベルでした。

まとめ

感想をまとめると、

・「なに?この知的な感じのドラマは!」
・とにかく雰囲気が渋い。画面がセピア色っぽいし
・シリーズ1だけ見ればOK
・主演の1人であるマシュー・マコノヒー演じる「ラスト・コール」の哲学的言い回しは、わたしの人生観に影響を与えた

頭の中に「しょせん、(刑事)ドラマはここらへんが限界だよね~」と勝手に引いていた線を、より遠くに広げてくれた感じ。

驚いたし、感心しました。

 

見終わった後、まわりの人に「とにかくシリーズ1だけでいいから見て」と言いたくなるドラマです。

注意点として、とくにシリーズ終盤には、血など、やや残虐な表現があります。

-ドラマ編

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.