ダメブログ研究

ブログ記事は、地に足をつけ自分をそのまま出すのが一番良いと思った話

投稿日:2018年5月31日 更新日:

前回の記事、【ブログ論】ダメなブログは記事タイトルがポジティブ一辺倒になりがち の続きですが、この記事だけ読んでいただいても大丈夫です。

ダメなブログの特徴

ダメなブログは、なぜブログ全体から

地に足がついてない、上滑り(うわすべり)感を感じるのか?

と疑問に思いまして、以下、その原因と対策について書きます。

具体的にどのブログをダメブログといってるのか明示すると、反感を受けそうなので、ブログ名の明示は止めておきます。基本的に、このブログもダメブログだと思っています

ダメなブログは、自分を偽っている

なぜ「ダメブログ」は、ブログ全体から、「地に足がついてない感」、「上滑り感」を感じるのか考えたのですが、その原因は、

ブログで、本当の自分を出していないから

という仮説に至りました。

「本当の自分」とは、ここでは、ネット上ではなく、「現実世界の自分」と定義させてください。

別人になったつもりで記事を書いても、記事にパワーは生まれない。

ブログの記事を書くときって、現実世界の自分を横に置いておいて、ネット上だけでは、「スゴイ素晴らしい能力を持った」別人になったつもりで、上から目線で書きがちだと思うんです。違いますかね。わたしはそうです。

現実の自分をそのまま出しても、おもしろくないし、誰も興味を持ってくれないと思っていますから。

だからこそ、自分が「スゴイ人」になったつもりで、記事を書くんですけど、そうすると、記事の内容ももちろんですが、記事のタイトルからも、「白々しさ」というか、「地に足がついてない感」が出てしまいます。

自分を偽って、無理してポジティブを演じている(と思われる)ブログを読むと、

・ブログ全体から「背伸びしすぎてる感」「無理してる感」をヒシヒシと感じる。
・どんなにポジティブな記事でも「お前に言われたくないよ」と思わず言いたくなる。
・どんなスゴイ人を演じてみたところで、かえって「世間からは一切注目されていない」という現実世界の書き手が透けて見える。
・たとえるなら、テレビで、素人が、お笑い芸人の一発ギャグをモノマネしている様子を見てしまった時のような「寒さ」を感じる。
・別人を演じる以上、本当は知らないことを書いたりしなきゃいけなくなるので、記事の内容が、どこかの受け売りになり、必然的に浅くなる。

現実世界でも、本当にスゴイ人ならともかく、そうじゃない人が、ネット上だけスゴイ人になったつもりで記事を書くのは、よほどの俳優でないかぎり、やはり無理があるのだと思います。

読者は一瞬で、下手な演技を見抜きます。

だから、本当の自分とリンクしていないブログは、つまらないのだと思います。

ダメな自分もそのままブログに出せばいい

下手な演技などせず、本当の自分、それがたとえ一般的にはダメ人間といわれるような話であっても、そのままブログに書けばいいと思うのです。

・知らないこと。分からないこと
・やってみて上手くいかなかったこと
・不安なこと
・貧乏なこと
・もてないこと
・人間関係の悩み

例えば、以下は、過去に私が書いた記事なのですが、現在、「まとめ管理人」で検索すると、上位に表示されます。

ある「まとめ管理人」を職業とする人間の、一日のタイムスケジュールを公開する
https://hisoka-akira.com/20180402/2281/

自分で言うのもなんですが、とあるまとめ管理人の本音が分かって、なかなか興味深い記事になっています。

本当の自分をブログのネタにすることで、

・書くネタに困りにくい
・かつ、他人を演じなくて良いので、筆が進みやすい
・現実なので、地に足の着いた記事になる

自分もそうですけど、誰か素晴らしい別人を演じた記事なんて読みたくないですよ。他人の本音、本当に思ったこと、感じたこと、やってみたことが知りたいはず。それがどんなにネガティブでも。

おそらく、その人の「能力が凄い」とか、ものすごい「ハンサム」とかでなくても、

人は人自体に興味がある

のだと思います。

なので、とくにブログ上だからといって、自分をスゴイ人であるように偽る必要はないなって。

バランス論

もちろんブログが単なる日記になってしまうと、自分が人気芸能人でもないかぎり、ブログのアクセスの増加は望めなくなりますが、すくなくとも「他人のウケ」を狙って、わざわざ自分をすごい人に偽る必要は全くないなと思います。

自己評価問題

結局のところ、ブログ上に本当の自分を出せないのは、自己評価がきわめて低いからだと思うのです。

自己評価が高ければ、本当の自分も出せますから。ネガティブすら出せます。

そして、人は、「己を信じている人」、つまり自己評価が高い人のことを好きになる傾向があるのかもしれません。

この点から、残念ながら、現実世界のリア充のほうが、ネット上のブログ運営においても、うまくいきやすいように思います。

実際、人気ブロガーは、ネット上だけでなく、現実世界においても極めて行動的な人が多い印象です。

-ダメブログ研究

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2019 All Rights Reserved.