ASP

ブログ収益化に必須の数値「eCPM」とアドセンスの「RPM」をざっくりと理解する

投稿日:2018年5月8日 更新日:

こんにちは、まとめ管理人かつブロガーのアキラです。

今回は、広告の収益を測るときに指標となる数字、「eCPM」「RPM」について、アキラが理解したことを書きます。

ブロガーが、広告による収益を考えるとき、参考になるはずです。

いきなり結論

いきなり結論から言いますと、

eCPM
≓アドセンスの「RPM
1000pvの収益

と、アキラは理解しています。

色々なサイトを観ましたけど、基本的にこの理解で大丈夫だと思います。

つまり、・「eCPM」と「RPM」は、どちらも「広告を貼ったブログに1000pvあった時の収益額」である
・「eCPM」と「RPM」は同義である

という理解です。

1000pvの収益額

たとえば、「eCPM」が「10」とあったら、それは1000pvで10円の収益が見込めるという事です。

仮に、アドセンスの「RPM」が「300」ならば、1000pvで300円の収益が見込めるというわけです。

厳密にいうと

この記事を書く前に、他のサイトを調べてみると、他サイトではもっと詳しく書いてありました。

検索すればすぐ見つかるので、「eCPM」と「RPM」について、詳しく知りたい方は他サイトをご覧ください。

平均値

・アドセンスの「PRM」の平均値は、200~300と言われています。

平均値「200~300」という数字のソースは、公式サイトではなく、他サイトの複数の記事で200~300という数字が上がっていただけなので、参考までですが。

あくまで平均にすぎず、ブログや時期によって、かなり上下します。

中には「PRM」が「800」とか豪語している人もいました。

・アドセンス以外の広告であれば、「eCPM」は100あれば超優秀、50あれば御の字という印象です。

まとめサイトの「eCPM」「RPM」

ちなみに、まとめサイトは一般ブログに比べてアクセスを集めやすいの利点ですが、一般ブログと比べて、「eCPM」「RPM」が低くなりがちです。

個人的印象になりますが、一般ブログの三分の一が相場です。

-ASP

Copyright© 「痛い男」が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.